So-net無料ブログ作成

京都にて [長江英和出演作]

昨日、新幹線から京都駅のホームに下りた瞬間に身が引き締まった。

サブい!!

午後2時という一日で一番気温が高い時刻なのにサブい!!

11年ぶりの松竹京都撮影所へ望む緊張感ではなく、外の気温が凍てつくのだ。ここ数年、2月は太秦での撮影があり、京都の寒さは体が知っているはずだと思っていたが、今シーズンの暖冬は油断を生んでいたようだ。

撮影所に行く前にホテルにチェックインし、暖かい格好に着替え仕事に行ったのでその日はなんとか過ごせた。

そして今日です。

今日の京都の最高気温予想は16度。

なにが16度やねん!!

物凄いサブい!! サブい!!!

最低気温は1.7度だったというけれど、体感気温はもっと低い。僕の役はヤクザもの(親分)なので羽織と着物なのだが、今日は芸者との色っぽいシーンなので用意しておいた防寒着は着れず、薄物一枚で数時間演技をしなければならなかった。

朝のスタジオはまだ暖房が行き届いてなく、照明が出す熱も広い構内を暖めるまで行かず巨大な冷蔵庫のようでした。

冷蔵庫内の食材の気持ちがわかりました。

でも、仕事はちゃんとしましたよ。

 

ところで宣伝です。

来週日曜日、2月11日と翌週18日のNHK大河ドラマに出ています。

よろしければ見てください。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 1

daisy

時代劇も時空を超えたドラマなんですね。日本の歴史を世界に広める唯一のドラマが時代劇なのでしょうか?(ちょっと違うかな)。
寒さに耐えながらの演技に期待してます。
大河ドラマ楽しみにしてます。
by daisy (2007-02-06 07:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます